WordPressで作る業務システムとは?~ライブハウス稼働管理編~

「Wordpressはこんな使い方もできますよ」シリーズその②です。
こんどは、いわゆる「ハコ管理」の例について。

具体的には、「ライブハウスの稼働管理」を例にした業務システムデモを構築してみました。

私自身、実際にライブハウスの運用管理をしたことがあるわけではないため、仮説ベースにはなりますので、是非実際にライブハウスや店舗等の運営をされている方がいらっしゃったらご意見頂きたいなと思っています。

また、ライブハウス以外でも「何かリソース(部屋・建物など物件、スタッフ・従業員の方でも同じですね)」の稼働・収益性については、同様の管理が可能であると考えています。
複数のリソースを持っている(塾や医院などで、〇号店や××店、みたいな場合)でも同様ですね。

ライブハウス運用者はどんな悩みを持っているのでしょう?

以下のようなケースを仮定して、解決策をイメージしてみました。

  • イベントの管理を紙ベースで行っており、家からだと見れない
  • イベントごとの収益内訳がきちんと記録・管理されていない
  • 月次の収益を集計するのに時間がかかっている

 

イメージとしては「紙ベースで」「可能な限りブッキングを入れて」「最後に頑張って売り上げ計算してる」ようなイメージです。

どのような方法で解決するのか?

ざっくりは以下のような方針ですね。

  • イベント情報・出演者情報・売上を入力し、一元管理
  • イベント単位の売上・月ごとの売上/収益をリアルタイム表示
  • 「当月のイベント情報」をExcelでダウンロード出力

 

まあ、

収入・支出をきちんとデータ化して、見たい集計はリアルタイムで見ましょうよ

というとこですね。

具体的にどのようなシステムで解決するのか?

で、具体的なブツですが。こんな感じになりました。

 【イベント一覧機能】
キャプチャ

 【売上集計機能/明細出力機能】
キャプチャ2

 【明細はこんな感じ】
キャプチャ4

 【ちなみに入力画面はこんなの】
キャプチャ3

あぶどぅるはシステム屋さんで、これを売っていきたいの?

そのつもりは無く、あくまでコンサルティングの1施策です

完全パッケージ化したシステム売りをするつもりはなくて、あくまで相談されたときの解決策提供の一つとしてを頭に置いておきたいと思っています。
 勿論、結果論的に「システムやツールの構築が必要だね」となった時に、実際に自分が作れることは、強みではあると思いますが。

ただ、こういうののニーズを探るのって難しいなーとも実感してます。
元々「この部分をツール化しよう」という業務コンサルティングを主としたサービスと考えているだけに、汎用性が高すぎるといいますか。

多少無茶ブリでも、「こんなんできないの?」みたいなご依頼・ご意見、いつでもお待ちしております。

まあ、そうやって具体的なリクエストに応えていくことで、自分の中での仮説力(この業界の人はこんなことで困ってるんじゃないか?という仮説を立てる力)が鍛えられていくと思いますので・・・。

 

 

では、本日はこのへんで。今週もあと一日。体にはお気をつけて。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

あぶどぅる

経営者が「低付加価値業務」で消耗しないためにはどうすればよいか?

 こんばんは、あぶどぅるです。
 業務の見直しから、ツールやシステム構築まで。業務効率化の頭から尻尾の先までやってます!!

業務効率化コンサルティングの内容説明はこちらへ↓
  業務効率化コンサルティング 説明ページ

「業務効率化の範囲」とはどのように決めるのか?

 こんな問いをクライアントに頂くことがあります。
 特に「業務が非効率なのはわかっているが、その対応まで手が回っていない」という経営者の方や、施設の長(個人経営や小規模の店長・院長さんなど)に多いかと思います。

対象は、『あなたしかできない仕事』以外の全部

 結論からいくと、こうなります。
 「どこを効率化・・・」と選択するという考え方ではなく、「効率化できないところはどこかな」というのが基本的な考え方となります。

 効率化できない部分をもう少し正確に言うと「人間が頭なり体なりを使って、付加価値を出している」部分ですね。

「付加価値を出している」仕事とは「定型化できない」仕事

 では、どこを「付加価値」とするか。これは「定型化/パターン化できない部分」となります。

  • 営業であれば、顧客先に行って対面で柔軟に提案・ディスカッションを行う
  • 整体師であれば、顧客に施術を施す

 

 これは、最も付加価値がある仕事であり、自動化もできない部分です。

 逆に、

  • 紙の伝票をExcelの表に打ち直す
  • 日報を集めて回る

 

というのは分かり易く、パターン化できる仕事となります。
 そんなことに時間をかけるのであれば、より貴方しかできない仕事をしましょう。

 また、それだけでなく

  • 従業員の一カ月の勤務時間・単価から歩合給与を計算する
  • 仕事の受注内容に応じて、アルバイトのメンバーにメールを出す

 

といった、一見判断の伴うように見える作業でも、その判断が「一定のロジック(パターン)に従って」行われている場合は、ほぼ付加価値が無いと言って良いでしょう。

「付加価値を出している」仕事以外は手放すべし

 付加価値の高くない、定型化できる業務については、以下のような優先度で高単価の人の手から離していくべきと考えます。

  1. そもそも、その仕事を無くしてしまう
  2. アルバイト等、単価の安い方に振ってしまう

 

1.そもそも、その仕事を無くしてしまう
 いらない仕事は無くしてしまいましょう。

 ツール化でも、システム化でも良いです。書き写す必要のある情報は、データ化しましょう。2度手間の仕事は一度にまとめてしまいましょう。(エンジニア風に言うなら、「タスクの正規化」とでも言いますか。)

2.アルバイト等、単価の安い方に振ってしまう
 どうしてもゼロにできない業務は、単価の安い方に振ってしまいましょう。

 聞きようによっては、やや失礼にも聞こえるかもしれませんが。ビジネスは、採算が合わない行動は取るべきではありません。その作業をする人の単価がいくらで、どれだけの時間でやって、その結果どれだけの価値があるか。その観点を無くしてはいけません。

 同じタスクを、より低単価な人ができるのであれば、経営者など高単価な人(同じ時間があれば、もっと会社を稼がせることができる人)がすべきではありません。

「業務効率化」は何のためにするのか?

 そもそも論ですが。

 「新規事業の立案」や「売上の向上」といったテーマよりややネガティブに捉えられがちな「業務効率化」。何のためにするのでしょう。

 私は、「より付加価値を高めるため」と思っています。

 スタッフへの残業代を減らすため(だけ)ではなく。空いた時間で、より「その人しかできない仕事」をすればもっと顧客のビジネスは拡大・成長していくのではないか。そのための「雑務」は限りなくゼロに近い方が良いのではないか。

そう考えています。

 では、本日はこの辺で。季節の変わり目、体にはお気をつけて。
 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  あぶどぅる

WordPressで作った日報/売上管理システムとは?

WordPress、色々な使い方ができますね。
元々業務コンサル/エンジニアということもあり、ブログ構築だけなのも寂しいので
業務アプリケーション(日報/売上管理システム)を構築してみました。

どんなシステム?

プロジェクトやイベント、お客様など、「一つのプロジェクトに複数のモノ」が紐づくものを管理(必要に応じて集計)するツールです。
「TAMS(Task and Assignment Management System)」と名付けました。

「自分の仕事(プロジェクト)とマイルストーン(各種締め切り)」の管理とかにも使えるかと思っています。

具体的にはどんな状況で使うの?

今回のケースとしては、こんな感じでおいてみました。

  • とある整骨院で、日報を電子化し、Webから提出・閲覧できるような日報管理ツールがほしい
  • 日報は院全体で一日1本、担当者が投稿。その日に行った各スタッフの施術内容(内容・顧客・金額)を記載
  • 記載した施術金額を集計し、スタッフごとの売り上げを見れるようにしたい

要素技術としてはこんな感じ

詳細は省きますが、ざっくり以下のような感じですね。
技術的なところに興味の無い方は飛ばしちゃってください(笑)

投稿項目のカスタマイズ

「Advanced Custom Fields」「Advanced Custom Fields: Date and Time Picker」「Advanced Custom Fields: Repeater Field」でカスタマイズしました。

「1 対 複数」の項目を作成する「Repeater Field」は有料(2500円くらい)ですが、非常に優秀なプラグインなので十分にコストパフォーマンスは良いかと思います。というか、これを自作するのは相当骨が折れる・・・。

アップデートの非表示

「Disable WordPress Theme Updates」で、投稿画面にアップデート告知がでないように制御。
あ、ちゃんとアップデート自体は行ってますよ?

固定ページでPHPプログラミング

「Exec-PHP」で実現。ゴリゴリやってます。
カレンダーも自前プログラミングでやりました。
以下のサイトを大いに参考にさせて頂きました。

くろひつじのメモ帳
WordPressで表組み型カレンダーを表示する

投稿ページの管理バー非表示

この辺は、function.phpに追記して実現してます。

前置きはいいから、ちょっと触らせろ

というわけで、よろしければ、ちょっと触ってみて貰えると嬉しいです。

キャプチャ

可能なら、法人向けになるべく安価で売る(構築費+月額利用料形式)
とかにもできたらとか色々考えており、
ご意見伺えると幸いです。

こちらから。

TAMSデモシステム
 http://tamsdemo.xyz/
 ユーザー名:tojo
 パスワード:nozomi

日報の登録もできるようになっています。
「新規投稿」か、既存の投稿を選択して、「変更⇒公開」してみてください

できれば、まだ日報が登録されていない日付(カレンダーに名前の無い日付)を設定してもらえるとありがたいです♪

キャプチャ2

まとめ

さて、なんでこんなことをしているか。

現在、自分自身のメインの仕事は「戦略コンサルタント」なのですが。
元々「何か相談されたら何でも応えられる人間になりたい」というのがあるんですよね。
なるべく「これは自分の担当外です」ということがないように。

上位概念から、具体的な実行まで全て、相手の課題解決を本当にお手伝いしたいな、と。
そういう意味では、戦略コンサル、業務コンサル、FP、家庭教師、研修講師、エンジニア・・・等全て「コンサルタント」だと思っています。

で、その中で、自分が経験が最も多く、得意な「業務効率化」のところを、より深掘るため、こういうようなシステムを勉強がてら作ってみました。
もう、支援するなら最後のソリューションまでやっちゃえ、と。

基本的に課題解決は「オーダーメイド」だと考えているので、このシステムをどこかの会社様に導入する時も、大いにカスタマイズが必要かと思っています。
そのカスタマイズ(というか、業務整理と提案)を含めた業務コンサルティングという形で、貢献していけたらな・・・と考えています。

というわけで、本日はこのへんで。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

あぶどぅる

家庭教師の選び方①をコンサル流に読み易くするとどうなるか?

いつも見て頂いてありがとうございます、あぶどぅるです。
昨日の記事を見た友人に「内容は良い・・・が文字が多い!!」と言われてしまいました。

それはまずい。
確かに「考え方」等、知識面以外の内容が多くなるため、伝え方は大事ですな。

というわけで

コンサルらしくスライド化してみた

パワポでスライド化してみました。
それだけ見ても概要がわかるようであれば、忙しい人でも大丈夫ですね。
他のブログとの差別化要因にもなりますし。

ワードプレスでできないレベルの柔軟性はパワポで補完するスタイル。
内容自体は昨日の再掲ですが、是非見比べて、見やすさについてのご意見を頂けますと幸いです。

家庭教師ってどう選べばよいだろう?

キャプチャ1

知り合いに良く相談を受ける「家庭教師の選び方」についての第一回。
大きく3つの論点から考えてみようかなーと思います。

家庭教師の役割ってなんだろう?

キャプチャ2

まず「家庭教師の選び方」の前に。
僕自身大学入学以降10人くらい生徒を見させて頂き、今も現役で何人か支援させて頂いてますが。
よく親御さんに誤解されがちな「家庭教師の役割ってなんぞ?」から確認するのが良いかなーと思います。

家庭教師と塾の違い

キャプチャ5

勉強の支援をするものとしては、まず「塾」「学校」「家庭教師」「個別指導」等があげられますね。
(勿論、学校は勉強以外の役割も多くありますが、今回は勉強にフォーカスします)

各々の最も大きな仕事を一言で言うと、

  • 塾・学校は「教える」のが仕事
  • 家庭教師・個別指導は「(生徒を)理解する」のが仕事

だと考えています。

具体的にどういうことか。各々の役割について以下のように考えています。

塾・学校:
1. 「何を習得しなければいけないか(=カリキュラム・試験範囲・解答方法)」というゴールをしっかりと伝える
2. 他の学生との比較を含め、おおよその学力を測る
⇒カーナビで言うと、1.は「目的地を表示する」機能、2.は「ざっくりとした目的地までの距離を表示する」機能と言えるでしょう。

個別指導・家庭教師:
1. 「生徒が何で躓いているか」「何を思い考えているか」を詳細に把握する
⇒カーナビで言うと、超詳細な「現在地」を表示する機能と言えるでしょう。

特定の場所に行くためには、「まず、目的地がどこか(どれだけのことを最終的に学ばなければいけないか)」を把握することは必要ですが。
 それと同時に「現時点でどこにいるか(今の時点で何をどこまで理解しているか)」という生徒の状況を把握することが必要となります。

勿論家庭教師も、「教える」ことはありますが、飽くまで「判明した現在地から目的地へのルート」であり、その前に最も重要な仕事は「生徒の現状把握」だと考えています。
目的地を示されただけでみんなが行けるなら、電話帳で十分で、カーナビはいらないのです。
※勿論、塾でもチューターや個別指導が手厚かったりする場合もあり、一概には言えませんが・・・大きな役割からの分類として。

こんなとこですね。では次に

家庭教師とはどうあるべきか

キャプチャ3

さて。では、家庭教師がすべき「生徒のことを理解する」とは、具体的にどのようなイメージでしょうか。
そして、そのためにはどのような能力が必要でしょうか。

キャプチャ6

家庭教師のすべきこと。それは、まず生徒の状況を「ほぼ全て」把握することであると考えています。
「点数や学力、得意範囲」といった大雑把な把握ではなく

  • 改行の時にx^2をxに書き間違える癖がある
  • 水曜日は部活があるから、夕方は疲れて眠い
  • アニメの話を例えに使うと、非常に理解が早い
  • テストでは、前半は取ってくるが、後半は計算間違いが増える

など。

子どもの学習に影響を及ぼすものって、親御さんや部活だけに限らず周囲のほとんどだと思うんですよね。
影響を及ぼさないものは無いといってもよい程に。

「生徒周辺の勉強環境」など大きなところから「生徒の癖」など細かいところまで全てを把握し、生徒がより良い学生生活(社会人生活)を送ることができるよう、総合的に環境コンサルティングを行う存在。
それが家庭教師の目指すべき(少なくもあぶどぅるは目指したいと思っている)姿です。

学校の情報やテストの傾向変化、周りの子の状況など「外部環境」についての知見は、大手塾には正直敵いません。
ですが、生徒・ご家庭に関する「内部環境」については完全に把握し、塾等と協力して、目標に向かうことが必要だと考えます。

では、良い家庭教師/塾を選ぶには何に気を付ければ?

・・・といったところで次回に続きます

長くなりましたので、上記を踏まえたうえで「具体的に教育環境を整える上でどう考えたらよいか」についての考えは
(ニーズが少しでもあれば)次回の記事でお話しさせて頂ければなーと思います。

再度、長文お付き合い頂き、ありがとうございました。
昨日の記事より読みやすくなったか、等ご意見いただけますと幸いです♪

あぶどぅる

イケメン整体師の依頼でブログを作った結果・・・?

本日は、友人のイケメン整体師「りゅうき君」に依頼され、ブログを構築した時のことについてお話ししたいなと思います。
これは同時に、本ブログを作るきっかけでもあるのですが。

もちろん、彼のブログや連絡先も紹介しますよー。
個人でも整体の仕事は受けているとのことなので、ご依頼はそちらから。

りゅうき君に「ブログ作れる?」と依頼された

友人の整体師「りゅうき君」(イケメン)に、「ブログを作ってもらえませんか?」と相談を受けたところからでした。

元々は、彼の勤める整体院の業務効率化について相談を受けていたのですが、その繋がりで相談してもらった、という形ですね。
元々バンド仲間でもあったということもあるでしょうが、信頼して頂いていたということで、ありがたいお話しです。

ぶっちゃけ、結構大変だった

さて、このブログ作成ですが。正直中々に大変でした(笑)
ただ、原因は「自分の進め方」だったと認識しており、彼には全く落ち度は無いことだけは先に明言しておきたいと思います。

かなりふわっとした要望

彼からの要望としては当初「普通のブログ」「記事が縦にこう並んで行って」「サイドに過去記事とかが出て」という感じでした。
まあ、いわゆる「『普通のブログ』を作ってくださいー」という感じでしたね。

これを素直に受け取り、細かい部分の要望等を「ヒアリング」し、週に一回すり合わせを行いながら構築していきました。
今思えば、ここで危険なフラグは立っていましたね・・・。

作ってみると、色々出てきた

まあ、色々出てくるわけですよ。
彼自身が他の方のブログを見ながら「どんなブログにしたいか」をリアルタイムで勉強していたこともあり、要望は当初の「普通のよくあるブログ」からどんどんかけ離れていきました。
トップページのグリッドタイプ化、色・レイアウト変更、SNS連携の機能変更 etc。結果、だいぶ変更に時間なり労力がかかりましたね。

結果できたものは、非常に自分としても良いブログができたんじゃないかなーとは思っていますし、彼にも満足頂けました(と思っている)。
ですが、進め方をミスったなーという反省は大きかったですね。

結局は「何のために」「何をするか」の明確化

結局、これに尽きると思うですよ。

変更は読み切るもの。仕様はヒアリングではなく提案するもの。

ここは賛否両論あると思います。
Webデザインでは「変更は×回まで」と事前に確約した上で進めることもあると聞きましたが、自分としては顧客が完全に満足されていない状態で「完成」とは言いたくないな、と考えています。

結局のところ、最初に

  • ブログで何がしたいか
  • そのためにどんなものを作るか
  • を明確化する。
    その部分が不十分だったのだと思います。素直になり過ぎたというところでしょうか。

    仕様についても、「ヒアリングした内容を反映する」というより「ヒアリングした内容を参考に、相手の深層心理を読み取り、提案する」のが正しいやり方だったかと思っています。

    コンサルもサイト作りも一緒

    戦略コンサルでは、ヒアリングにてクライアントやインタビュイーが「何と言っているか」に引っ張られず、「結局本質的には何が必要で何をすべきか」を考え抜くことが求められます。
    その点は、サイト構築でも全く一緒だったんだなーと改めて思いました(今思えば当たり前ですね)。

    普段の仕事でやっていることが、きちんとできていなかった。これは良い反省となりました。

    (気を取り直して)終わりよければ全て良し

    ま、色々書きましたが。自分も経験を積みつつ、良いブログが完成したとは思っているので、良いプロジェクトだったなと思っています。
    りゅうき君の「バンドマンのための健康法をもっと伝えていきたい」という熱い想いにも後押しされましたね。

    というわけで、そのサイトがこちら

    Sound Healthy

    まだ投稿数は少ないものの、前述の想いの基、非常に内容濃い記事を投稿されています。
    やはり良い記事を書かれていると、ブログ構築者冥利にも尽きますね(=ω=)

    弊ブログ共々、どうぞ宜しくお願い致します。

    では、本日はこの辺で。