「開き直り」と「反省」の違いとは?

 こんにちは。今日は非常にお気に入りのお店でランチしてきました。あぶどぅるです。
 六本木の「ブラッセリー・ヴァトゥ」というお店なのですが、魚料理・パンともに非常においしくて
ランチは1000円。お勧めです。ちなみに、パンはお代わり可能です。

IMG_3391

IMG_3390

 ブラッセリー・ヴァトゥ
 http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13007740/

 近くに行かれた際には是非♪

「自分で何とかできるよようになる」にはどうすればいいんだろう?

 さて、本題。

何かを人のせいにしてイラっとするのは違うかなーって

 先日、ツイッターでこんな書き込みが回ってきました。

”他人にイラってしてしまうのは、他人に求めすぎてるから。思い通りにいかないからついイラってなってしまう。自分の思い通りにいかないのは、実は自分自身が思い通りに生きることができていないから。思い通りの自分を違う誰かに求めることはしないこと。”

 これ、基本「その通りだなー」と思います。

 だれかに期待したり、信頼したりするのは良いと思うのですが。

 ただ、それが思い通りにいかなかった場合は、「期待した自分」を反省したり、という形で「自分がどうできたか」を感がるのが、気持ち的には再発防止の観点でも良いんじゃないかと思います。

 結局、人のことはコントロールできないですからね。もちろん、「イラッとする」のとは別に、その人に対して「指導する」や「注意する」のは良いと思いますよ?

「自分はどうせ」って考えるのはもはや「自責」ではない

 で、ここからが本当の本題。

 たまに、「人のせい」にはしないものの

 「自分はどうせダメだから仕方ないね」

と自虐・諦めに入っている人がいると思っています。開き直りとも言いますかね。これは、本質的にはもはや「他責」にしてしまっていて、次には繋がらないんじゃないかと思っています。

 「自責」か「他責」かの本質的な違いって、「自分でコントロール可能なことか否か」だと思うんですよ。

 そういう意味で「自分はどうせダメだから」というのは、自分を第三者視点から「コントロールできないもの」として捉えており、そういう意味で「他責」とほぼ同義なんじゃないかと思います。

 自分で対応可能だったとするのであれば、「反省」であり次へつながると思うのですが、「自分はXXだからどうしようもなかったね」という開き直りは、「次に同じようになってもどうしようもないね」と言ってるのと同じですからね。

結局、「次に良い結果をもたらす」ことが目的

 何か問題が起きた時に原因を考えるのって、結局、「次に良い結果をもたらす」ことが目的なんだと思っています。

 そのためには、原因を「自分のコントローラブルな範囲」に見出し、修正することが大切かな、と。そんな風に思います。

 

では、本日はこのへんで。今週も頑張りましょう。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

あぶどぅる

WordPressで作る業務システムとは?~ライブハウス稼働管理編~

「Wordpressはこんな使い方もできますよ」シリーズその②です。
こんどは、いわゆる「ハコ管理」の例について。

具体的には、「ライブハウスの稼働管理」を例にした業務システムデモを構築してみました。

私自身、実際にライブハウスの運用管理をしたことがあるわけではないため、仮説ベースにはなりますので、是非実際にライブハウスや店舗等の運営をされている方がいらっしゃったらご意見頂きたいなと思っています。

また、ライブハウス以外でも「何かリソース(部屋・建物など物件、スタッフ・従業員の方でも同じですね)」の稼働・収益性については、同様の管理が可能であると考えています。
複数のリソースを持っている(塾や医院などで、〇号店や××店、みたいな場合)でも同様ですね。

ライブハウス運用者はどんな悩みを持っているのでしょう?

以下のようなケースを仮定して、解決策をイメージしてみました。

  • イベントの管理を紙ベースで行っており、家からだと見れない
  • イベントごとの収益内訳がきちんと記録・管理されていない
  • 月次の収益を集計するのに時間がかかっている

 

イメージとしては「紙ベースで」「可能な限りブッキングを入れて」「最後に頑張って売り上げ計算してる」ようなイメージです。

どのような方法で解決するのか?

ざっくりは以下のような方針ですね。

  • イベント情報・出演者情報・売上を入力し、一元管理
  • イベント単位の売上・月ごとの売上/収益をリアルタイム表示
  • 「当月のイベント情報」をExcelでダウンロード出力

 

まあ、

収入・支出をきちんとデータ化して、見たい集計はリアルタイムで見ましょうよ

というとこですね。

具体的にどのようなシステムで解決するのか?

で、具体的なブツですが。こんな感じになりました。

 【イベント一覧機能】
キャプチャ

 【売上集計機能/明細出力機能】
キャプチャ2

 【明細はこんな感じ】
キャプチャ4

 【ちなみに入力画面はこんなの】
キャプチャ3

あぶどぅるはシステム屋さんで、これを売っていきたいの?

そのつもりは無く、あくまでコンサルティングの1施策です

完全パッケージ化したシステム売りをするつもりはなくて、あくまで相談されたときの解決策提供の一つとしてを頭に置いておきたいと思っています。
 勿論、結果論的に「システムやツールの構築が必要だね」となった時に、実際に自分が作れることは、強みではあると思いますが。

ただ、こういうののニーズを探るのって難しいなーとも実感してます。
元々「この部分をツール化しよう」という業務コンサルティングを主としたサービスと考えているだけに、汎用性が高すぎるといいますか。

多少無茶ブリでも、「こんなんできないの?」みたいなご依頼・ご意見、いつでもお待ちしております。

まあ、そうやって具体的なリクエストに応えていくことで、自分の中での仮説力(この業界の人はこんなことで困ってるんじゃないか?という仮説を立てる力)が鍛えられていくと思いますので・・・。

 

 

では、本日はこのへんで。今週もあと一日。体にはお気をつけて。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

あぶどぅる

子どもが「自分で考える力」をつけるためのコミュニケーションとは?

「『なんで?』って言われたときに、『否定された』と取ってしまう子供が多い」
そんな記事を見て、少し思うところがあり、今日はこんなタイトルで記事を書いてみようと思います。

なぜ「なんで?」を「否定された」と認識してしまうのか?

これについては、直接的な理由は

 ものを考える「癖」がついていないから

だと考えています。
そして、そうなってしまった根本の原因は

 「なんで?」を否定語として使う大人がいるから

と思っています。
身も蓋もありませんが、人間、そうそう理由なく癖や反応など身に付きません。

両親、幼稚園や学校の先生など周囲の大人が「なんで(#^ω^)?」という感じで、「相手の否定」の意で「なぜ?」を使用していまっている環境に起因していると考えています。

なぜ「ものを考える『癖』がつかない」か?

では、なぜ「なんで?」を否定語として使う大人がいると、ものを考える癖がつかないか。

もう少し、そのメカニズムというか「考え方」について噛み砕いてみたいと思います

頭脳労働は「Input」「Process」「Output」の3工程

頭脳労働は、一般的に「Input」「Process」「Output」の3工程に分かれます

slide1

Input:外部からの知識の習得(例:質問や読書など)
Process:Inputや既存知識の合成/加工により新しいものを生み出す(≒「考える」こと)
Output:考えを発信する(例:書いたり、言葉で発したり)

そしてこのうち、「自分の中に新しい考えや知識を蓄える」行動は「Input」「Process」の2つとなります。

「Input」に慣れると、考える癖がつかない

このうち、「Input」に慣れ過ぎると「何かわからない時は、Inputするものなのだ」という考えになってしまいます。

具体的には、

  • 親御さんの「わからなかったら聞きなさい」という言葉
  • 先生の、生徒が止まっていたらすぐに「教えて」しまう行動

 

等により、この癖はついてしまいます。
※というか、僕もかなりこの癖は染み付いており、学生時代~社会人初期は苦労しました。

尋ねられると「あ、自分は間違ってるんだ」と思ってしまう状態も、「Process」の存在を認識しておらず、「自分は相手からInputする立場である」という前提を持っているから。

尋ねられる=何か不整合・不具合がある
(「Process」を説明する、という認識が無い)

と認識することから発生しています。

「自分で考える癖」を付けるにはどうすればよいか?

では逆に、どうやれば「自分で考える」癖をつけて、「なぜ?」に対してきちんと受け答えできるようになるでしょうか。

まずは「なぜ?」を否定語として使わないようにする

まあ、単純ですが。人の周辺環境全てをコントロールするのは難しいですが、「自分だけでも」からが大切かと考えます。

個人的には、「なぜ?」は純粋な質問語として使用するのが良いかと考えています。
否定するなら否定する(≒叱るなら叱る)で、「私はこう思う」とストレートに言うのが良いかと。

ただ、既に「否定語」として「なぜ?」を認識している場合はどうしましょう。
※僕が家庭教師させて頂いている子でも、そういう子はいました。

その場合、「なぜ?」という際に「肯定しているよ!!」「これは純粋な疑問だよ!!」というのを全力で押し出していくことにしています。
具体的には

  • 「おっ、なるほど。ちなみに、なんでそうなった?」
  • 「ふむ、理由は?いや、俺もまだわかってないねんけどね(=ω=)」

 

といった感じですね。

正直、信用を失わない程度に「俺も一緒に考えてるんだけどね」とある意味「馬鹿なフリ」をするのも良いかと思っています。

先生から「質問」し、そして「待つ」

あとは、その機会を増やすことですね。

そして、「待つ」こと。これが大切です。

先ほど書いた

  • 親御さんの「わからなかったら聞きなさい」という言葉
  • 先生の、生徒が止まっていたらすぐに「教えて」しまう行動

 

という行動も、時間の効率化・焦りに起因する行動じゃないかなーと自分は思っています。

「スピードは後からついてくる」と考え、じっくり考えさせること、考える時間を取ることが大切ですね。
家庭教師であれば、(親御さんの理解を得たうえで)「何か教えなきゃ」という気持ちをぐっと抑え、生徒の頭を使わせること(InputではなくProcessさせること)。

それが筋トレとなり、その後の「考える力」の習得に繋がってくるんじゃないかと思っています。

 

 

 

では、本日はこのへんで。
ちょっと私は喉を傷めてるのですが、皆さんんも体にはお気をつけて。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

あぶどぅる

バンドマンは場所単だけでなく、部屋単位でスタジオを検索したいですよね?

部屋単位でスタジオを検索できるツールを作ってみました

キャプチャ

スタジオ検索ツールを作ってみました。
名前はまだありません。

自分はバンドをやっており、普段から音楽スタジオを探すことが多いのですが。
非常に不便だなーと感じていました。

スタジオ横串で検索したかった

というのが、スタジオ(部屋)を探すのに、当然ながら「NOAH」「Penta」など各社のホームページを見る必要がありました。
当然と言えば当然なのですが、やはり横串で一覧になってたら便利だなーと

広さで検索したかった

また、個人的にはまずスタジオを選ぶ際、「場所」「使用可能な人数(≒広さ)」でフィルターしたいと思うのですが、それも各社・各店舗のサイトに行くか、電話しないと調べられなかったんですよね。

というわけで、自分で作りました。

というわけで、作ってみました。

スタジオの種類によらず検索できますよ

スタジオは現時点で、以下を登録しています。

  • NOHA
  • NODE
  • 音楽館
  • GateWay
  • BassOnTop
  • Penta
  • RinkyDink

スタジオを探したい場所・広さを入力すると、上記の各店舗から、部屋単位でスタジオ検索されます。

キャプチャ

「現在地」からの距離検索もできますよ!!

また、個人練習等、突発的に練習を行いたい際、「現在地から近いスタジオはどこかね」というのを調べたい時があります。
こちらにも対応するため、「現在地からの距離(近い)順に検索結果を並べる」昨日も付けました。

「現在地との距離が近い順に表示」欄にチェックを入れて検索すると、使用可能です。
この機能を使うと、各スタジオまでの距離も表示されます

IMG_3351

他の検索条件との併用ももちろん可能です。

※すいません。GoogleChromeでは使用不可です
※ブラウザから位置情報へのアクセス許可を”ON”にしてご使用ください

というわけで、是非使ってみてくださいね!!

是非に。ツールは以下です。

音楽スタジオ検索ツール

自分が使う用ではありつつ、皆さんの痒い所に手が届くようなツールにしていければと思っています。
ご意見・感想等頂けると嬉しいです。

では、本日はこのへんで。今週も頑張りましょう。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

あぶどぅる

就活で「他社の就職活動」を聞かれたらどう答えるべき?

こんにちは、最近よくOB訪問みたいなことをしているあぶどぅるです。
家庭教師の延長というか、横展開活動とでもいいますか。

知り合いづてに、コンサル志望の方や興味ある学生の方に依頼され、会ってお話しすることがある感じですね。
内容としては、私の仕事内容のヒアリング、自己分析や志望動機の添削、模擬面接など。あとは、ESの添削やSPIの家庭教師なども行っていますね。

別にお金を取ってるとかではなく、自分の頭の体操がてら頼まれればやっている程度ですが、中々楽しいですよ?

他社の就職活動の状況を聞かれたらどう答えたら良いか?

さて、そんなOB訪問で、就活生の方にこんなことを尋ねられることがあります。
本日の本題ですね。

「他にどこを受けているか」「進捗状況はどうか」「志望度合はどうか」等。
よくある話です。

で、それに対して、どのように答えたら良いか。
逆に何を言ったらまずいか。

基本的には正直ベース

原則は、正直に答えるのが良いと考えています。受けている企業や進捗状況も。
いまどき「御社しか受けていません」でないと採らない会社もそうそう無いでしょう。

もちろん、「自分の就職活動の軸」のような質問がある場合、整合性が取れていないと不審がられるリスクはあるため、興味本位で受けている会社等は言わない方が賢明かもしれませんが。

志望度合だけはちょっと別

ただし、志望度合だけはちょっと異なるかなと考えています。

知り合いの人事に聞いた話ですが、会社によっては明確に「御社が第一志望です、と言わないと内定を出してはいけない」場合があります。
特に、現場ではなく、人事部が主導で採用を行っている場合に多いようですね。

まあ、会社としては内定辞退されれば当然困りますし、何より「学生を選別する上で、線引きしやすい」ポイントではありますよね。

人事部の気持ちになるのですよ

ここで、人事部の気持ちになって考えてみましょう。
「人は自分のメリットにならないことはしない」の理論ですね。

※前々回記事:家庭教師が子どもに信頼され、心を開いてもらう方法とは?を参照

人事部は、採用した人数や内定辞退、入ってからの活躍に責任を持ちます。
で、責任を問われた際に、「なぜその人を採ったか」について説明する必要があります。
もう少し言ってしまえば、「こんな理由でまっとうな採用を行ったけど、ダメだったんだよ」という言い訳をする必要があるわけです。

なので、ここで「志望度合の言質」やその他であれば「学歴」等、「採った理由が説明しやすい」という点が重要になってくるのです。

採用に限らなければ、皆さんも経験があるのではないでしょうか。「感覚的にはAの方が良いけど、Bの方が理由が説明しやすく上を説得しやすい」といったケースが。

上記のような理由から、(その企業に内定したい場合は)「志望度合」だけは「一番です」と言っておくのが良いかと思います。

※内定乱獲を推奨してるわけではありませんよ?

ちなみに、私は特に「あまり志望度の高くない企業の内定を採りまくる」というのを推奨しているわけではありません。
企業にも迷惑がかかる部分はありますからね。

ただ、「実際に複数内定をもらってからゆっくり吟味検討したい」「他の結果もまだわからない」という状況だと、「第一志望のみ受ける」というのが現実的ではないとも思っています。
そこで、学生が「会社の迷惑になるから」と遠慮するのは、それはそれで遠慮し過ぎ(自己犠牲が過ぎる)のではないかなーと思います。
ですので、ケースバイケースで相手の立場状況に鑑みた上で、発言内容を考えるのは問題ないんじゃないかなと思っています。

まあ、高い志望度のところから受けられるのが理想ではありますが。
新卒一括採用なんか無くなって、学生も通年採用になっちゃえばいいのにな・・・と思うばかりですね(=ω=)=3

では、本日はこのへんで。皆さん、よい週末を。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

あぶどぅる

経営者が「低付加価値業務」で消耗しないためにはどうすればよいか?

 こんばんは、あぶどぅるです。
 業務の見直しから、ツールやシステム構築まで。業務効率化の頭から尻尾の先までやってます!!

業務効率化コンサルティングの内容説明はこちらへ↓
  業務効率化コンサルティング 説明ページ

「業務効率化の範囲」とはどのように決めるのか?

 こんな問いをクライアントに頂くことがあります。
 特に「業務が非効率なのはわかっているが、その対応まで手が回っていない」という経営者の方や、施設の長(個人経営や小規模の店長・院長さんなど)に多いかと思います。

対象は、『あなたしかできない仕事』以外の全部

 結論からいくと、こうなります。
 「どこを効率化・・・」と選択するという考え方ではなく、「効率化できないところはどこかな」というのが基本的な考え方となります。

 効率化できない部分をもう少し正確に言うと「人間が頭なり体なりを使って、付加価値を出している」部分ですね。

「付加価値を出している」仕事とは「定型化できない」仕事

 では、どこを「付加価値」とするか。これは「定型化/パターン化できない部分」となります。

  • 営業であれば、顧客先に行って対面で柔軟に提案・ディスカッションを行う
  • 整体師であれば、顧客に施術を施す

 

 これは、最も付加価値がある仕事であり、自動化もできない部分です。

 逆に、

  • 紙の伝票をExcelの表に打ち直す
  • 日報を集めて回る

 

というのは分かり易く、パターン化できる仕事となります。
 そんなことに時間をかけるのであれば、より貴方しかできない仕事をしましょう。

 また、それだけでなく

  • 従業員の一カ月の勤務時間・単価から歩合給与を計算する
  • 仕事の受注内容に応じて、アルバイトのメンバーにメールを出す

 

といった、一見判断の伴うように見える作業でも、その判断が「一定のロジック(パターン)に従って」行われている場合は、ほぼ付加価値が無いと言って良いでしょう。

「付加価値を出している」仕事以外は手放すべし

 付加価値の高くない、定型化できる業務については、以下のような優先度で高単価の人の手から離していくべきと考えます。

  1. そもそも、その仕事を無くしてしまう
  2. アルバイト等、単価の安い方に振ってしまう

 

1.そもそも、その仕事を無くしてしまう
 いらない仕事は無くしてしまいましょう。

 ツール化でも、システム化でも良いです。書き写す必要のある情報は、データ化しましょう。2度手間の仕事は一度にまとめてしまいましょう。(エンジニア風に言うなら、「タスクの正規化」とでも言いますか。)

2.アルバイト等、単価の安い方に振ってしまう
 どうしてもゼロにできない業務は、単価の安い方に振ってしまいましょう。

 聞きようによっては、やや失礼にも聞こえるかもしれませんが。ビジネスは、採算が合わない行動は取るべきではありません。その作業をする人の単価がいくらで、どれだけの時間でやって、その結果どれだけの価値があるか。その観点を無くしてはいけません。

 同じタスクを、より低単価な人ができるのであれば、経営者など高単価な人(同じ時間があれば、もっと会社を稼がせることができる人)がすべきではありません。

「業務効率化」は何のためにするのか?

 そもそも論ですが。

 「新規事業の立案」や「売上の向上」といったテーマよりややネガティブに捉えられがちな「業務効率化」。何のためにするのでしょう。

 私は、「より付加価値を高めるため」と思っています。

 スタッフへの残業代を減らすため(だけ)ではなく。空いた時間で、より「その人しかできない仕事」をすればもっと顧客のビジネスは拡大・成長していくのではないか。そのための「雑務」は限りなくゼロに近い方が良いのではないか。

そう考えています。

 では、本日はこの辺で。季節の変わり目、体にはお気をつけて。
 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  あぶどぅる

家庭教師が子どもに信頼され、心を開いてもらう方法とは?

 こんばんは、最近エンジニア的な記事が多くなってしまっているあぶどぅるです。
 先日はこんな「バンドマン向け 音楽スタジオ検索ツール」とか作ってました。

 現在、「ノア」「ペンタ」「BassOnTop」「音楽館」「NODE」「GateWay」を登録済みです。あと、「現在地から近いスタジオ検索」機能とかもあったりします。
 良かったら、ブックマークしたり、使ったりしてみてくださいね♪

 音楽スタジオ検索ツール

 さて、本日の本題。家庭教師関連ですね。

どうやって、生徒と意思疎通を図るのか?

 よくこんな質問をされることがあります。特に、指導開始時や、信頼関係ができるまでの話ですね。
 しっかりと信頼関係ができないと、教師のアドバイスもあまり聞いてもらえず、指導効果も半減することかと思います。

家庭教師は、子どもの「味方」じゃないといけない

 で、この答えは割と明確にあると思っています。

 それは生徒に「味方だ」と思ってもらうこと。

「味方だと思ってもらう」とは「自分にメリットをもたらす人間」と認識されること

 別の言い方をすると「『こいつは自分にとってメリットのある相手だ』と思ってもらう」、ということですね。

 人はそれぞれ、モチベーションがあります。文字通り、「動機付け」ですね。

  • お母さんに褒められたい
  • 新しいことを学びたい知的好奇心
  • そもそも負けず嫌い
  • 早く終わらせてアニメを見たい
  • 勉強せず怒られるのが怖い

 

 全て「動機付け」です(各々の是非はまた別の議論として)。生徒は個々に色んな理由で勉強をしています。で、それを手伝ってくれる人には心を開いてくれます。

 単純な話で、

  • 新しいことを学びたい知的好奇心

 ⇒「この人は新しいことを教えてくれる」と思ってもらえばOK

  • 怒られるのが怖い

 ⇒「この人は怒られるのを回避する手伝いをしてくれる」と思ってもらえばOK

ということですね。

どうやれば、味方と思ってもらえるか?

 更に細分化すると、2つのやるべきことがあると考えます。

「わかってるな」と思わせる

 まずは、相手の「モノサシ」であるモチベーションの源泉を理解する必要があります。
 生徒を観察し、ヒアリングし、やる気のある時/無い時の違いを検討しながら、何を考え・何のために机に向かっているかを正確に理解する必要があります。

 また、理解するだけではなく、「『理解している』ということを生徒自身に認識させる」必要があります。これは、割と直接的に言っても良いかもしれません。
 僕は、カマかけ的に

  • 「おっ、早く終わらせてアニメ見たいか♪」とか
  • 「やっぱ、お母さん怒るの怖いよなー」

 
とか言いながら探ることもありますね。

 いずれにしても、生徒に「こいつ、わかってるな」と思わせる必要があります。

「その力がある」と示すこと

 で、「わかってるな」となった上で、その支援をする必要があります。
 ここで、下手に誤魔化しや嘘を使うのは禁物だと考えます。

 例えば、「早く終わらせてアニメ見たい」子の場合。必ずやるべきことは

  • お母さんと交渉し、教師の責任において勉強が終わったらアニメが見れるように段取りしておく
  • 生徒がちゃんと勉強したら、早めに終わってアニメが見れるよう進める

など。これが大事です。

 子ども相手だからと言って、その場しのぎなどして何も良いことはありません。約束したかどうかではなく、相手の期待に実際にこたえて「この人は味方だ」と思わせることが本質です。

 時には微妙に親御さんと生徒さんの仲介役となることもあるでしょう。ただ、そこを正直に真摯に。親御さんの意向も踏まえつつ、子供の願いもかなえる力。
 それが生徒との信頼を構築するのに不可欠かと思います。

人間はどういう時に「行動」するか

 まあ、色々書いてきましたが、人間は「自分のメリットになると感じる」ことしかしない。これに尽きるんですよね。

ただ、これって、家庭教師に限った話では全くないんですよね。「人を動かす」ということ全般に共通のことなんですよね。

 社長だろうと、経営企画だろうと、コンサルだろうと、バンドマンだろうと、子供だろうと。各自の中に、何かしらモノサシがあり、それに従い「メリットがある」方向に動くんです。

 だから、その「モノサシ」を把握し、プラスとなるような提案をする。それが人を動かす共通の方法じゃないかなーと思います。

 相手の「モノサシ」をつかむ力、磨いていきたいもんですね。

では、本日はこの辺で。今週もお疲れさまでした!!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

あぶどぅる

WordPressで作った日報/売上管理システムとは?

WordPress、色々な使い方ができますね。
元々業務コンサル/エンジニアということもあり、ブログ構築だけなのも寂しいので
業務アプリケーション(日報/売上管理システム)を構築してみました。

どんなシステム?

プロジェクトやイベント、お客様など、「一つのプロジェクトに複数のモノ」が紐づくものを管理(必要に応じて集計)するツールです。
「TAMS(Task and Assignment Management System)」と名付けました。

「自分の仕事(プロジェクト)とマイルストーン(各種締め切り)」の管理とかにも使えるかと思っています。

具体的にはどんな状況で使うの?

今回のケースとしては、こんな感じでおいてみました。

  • とある整骨院で、日報を電子化し、Webから提出・閲覧できるような日報管理ツールがほしい
  • 日報は院全体で一日1本、担当者が投稿。その日に行った各スタッフの施術内容(内容・顧客・金額)を記載
  • 記載した施術金額を集計し、スタッフごとの売り上げを見れるようにしたい

要素技術としてはこんな感じ

詳細は省きますが、ざっくり以下のような感じですね。
技術的なところに興味の無い方は飛ばしちゃってください(笑)

投稿項目のカスタマイズ

「Advanced Custom Fields」「Advanced Custom Fields: Date and Time Picker」「Advanced Custom Fields: Repeater Field」でカスタマイズしました。

「1 対 複数」の項目を作成する「Repeater Field」は有料(2500円くらい)ですが、非常に優秀なプラグインなので十分にコストパフォーマンスは良いかと思います。というか、これを自作するのは相当骨が折れる・・・。

アップデートの非表示

「Disable WordPress Theme Updates」で、投稿画面にアップデート告知がでないように制御。
あ、ちゃんとアップデート自体は行ってますよ?

固定ページでPHPプログラミング

「Exec-PHP」で実現。ゴリゴリやってます。
カレンダーも自前プログラミングでやりました。
以下のサイトを大いに参考にさせて頂きました。

くろひつじのメモ帳
WordPressで表組み型カレンダーを表示する

投稿ページの管理バー非表示

この辺は、function.phpに追記して実現してます。

前置きはいいから、ちょっと触らせろ

というわけで、よろしければ、ちょっと触ってみて貰えると嬉しいです。

キャプチャ

可能なら、法人向けになるべく安価で売る(構築費+月額利用料形式)
とかにもできたらとか色々考えており、
ご意見伺えると幸いです。

こちらから。

TAMSデモシステム
 http://tamsdemo.xyz/
 ユーザー名:tojo
 パスワード:nozomi

日報の登録もできるようになっています。
「新規投稿」か、既存の投稿を選択して、「変更⇒公開」してみてください

できれば、まだ日報が登録されていない日付(カレンダーに名前の無い日付)を設定してもらえるとありがたいです♪

キャプチャ2

まとめ

さて、なんでこんなことをしているか。

現在、自分自身のメインの仕事は「戦略コンサルタント」なのですが。
元々「何か相談されたら何でも応えられる人間になりたい」というのがあるんですよね。
なるべく「これは自分の担当外です」ということがないように。

上位概念から、具体的な実行まで全て、相手の課題解決を本当にお手伝いしたいな、と。
そういう意味では、戦略コンサル、業務コンサル、FP、家庭教師、研修講師、エンジニア・・・等全て「コンサルタント」だと思っています。

で、その中で、自分が経験が最も多く、得意な「業務効率化」のところを、より深掘るため、こういうようなシステムを勉強がてら作ってみました。
もう、支援するなら最後のソリューションまでやっちゃえ、と。

基本的に課題解決は「オーダーメイド」だと考えているので、このシステムをどこかの会社様に導入する時も、大いにカスタマイズが必要かと思っています。
そのカスタマイズ(というか、業務整理と提案)を含めた業務コンサルティングという形で、貢献していけたらな・・・と考えています。

というわけで、本日はこのへんで。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

あぶどぅる

Googleアドセンスを使う時、アドレス設定で注意すべきこととは?

こんにちは。GWは実家でのんびりしてました、あぶどぅるです。
さて、今日はGooglアドセンスを使用する時に自分がハマった注意点を備忘録的に書いておこうと思います。

久々に、パワポ画像無しの文面記事でいきたいと思います。

Googleアドセンスを使う時にはアドレス制約がありますよ

ブログで、お小遣い稼ぎ、また「サーバー代くらいは広告で取りたいなー」と考えられる方も多いでしょう。
そのような方で、よく使ってらっしゃるのはGoogleアドセンスかと思います。
(私は、まあそれほどPVがあるわけでもないので、広告は全く無しで運用していますが・・・)

ただ、このGoogleアドセンス。使用できるブログ(のアドレス)に制約があります。

①サブドメイン系無料ブログはダメ

アメブロやFC2ブログ等、ブログサービスを利用する場合、アドレスの独自IDの前に、ブログサービスのドメイン名が入ります。
例:
アメブロの「http://ameblo.jp/sugimoto」の場合、独自ID(sugimoto)の前に「ameblo.jp」が入る。

で、Googleアドセンスは、このようなアドレスのサイトを登録することはできず、以下のようなエラーがでます。

”URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。”

これは結構有名な話ですね。

②独自ドメインでも、「パス」をアドレスにしてたらダメ

さて、ここからが私がハマったところなのですが。
①の制約に引っかかった際、たいてい「だから独自ドメインのブログを開設しましょうね」となってるんですよね。

ただ、警告メッセージにもあるように、独自ドメインでも「パス」アドレス(ドメインの直下がホームアドレスでないサイト)の場合、Googleアドセンスでは使用できません。

例:
「http://camperpoyo.com」ではなく「http://camperpoyo.com/wordpress」を最上位のページにしていた場合

この場合、アドレスを変更する必要があります。
アドレスの変更自体は、ワードプレスの設定から簡単にできますので、ご安心を。ダッシュボードの「設定>一般」からですね。

「Googleアドセンスを使用するには、独自ドメインを」
「ドメイン変更するにはこうすればいいよ」

といった記載のブログは多かったのですが、、

「Googleアドセンスを使用するには、独自ドメイン直下のアドレスでないとダメだから変えよう」

と明示されているものが中々見当たらなかったので、「え、ダメなの?」とちょっと調査に時間がかかりました。
まあ、結局「エラーメッセージをちゃんと読もうね」ってとこですが・・・(=ω=)

で、具体的にどうやって変更するの?

といったところは、非常に多くの方が書いていらっしゃるので、割愛したいと思います。
私は下記のサイト様等を参考にさせて頂きました。

「アクセスセオリー」様:
WordPressのサイトアドレスURLを変更する方法

「ゆめぴょんの知恵」様:
Redirectionsはリダイレクト転送のWordPressプラグイン!誤投稿やパーマリンク変更に

ミスり易いポイントとしては、

  • XServerの場合、index.htmlを削除することを忘れない
  • 旧アドレスからのリダイレクト設定を忘れず行う

くらいですかね。

では、今日はこの辺で。
みなさん、良いブログライフを。

あぶどぅる