成績の上がりやすいご家庭、上がりにくいご家庭

どうも、あぶどぅるです。
生徒の一人が公開模試で一気に成績を上げてきて、とても上機嫌なこの頃です。
(具体的には4科目合計で、50台前半⇒65。目標校のR4圏内にも入ってとりあえず一安心というところです。安心しちゃだめなのですが)

成績の上がりやすいご家庭、上がりにくいご家庭

さて、今回ちょっと上記のご家庭を例に、「こんなご家庭は割と成績が上がりやすいよ」「こんなご家庭は割と苦労するよ」ってとこを書いてみようと思います。

成績の上がりやすいのは、ちゃんと素振りしてくれるご家庭

結論から言うと、成績の上がりやすいご家庭は「スケジュールなりやるべきことを把握している」「ご子息/ご息女をしっかりコントロールできている」。この点につきると思います。

上記の成績の上がったご家庭の例ですが

==============
・日能研通塾
・お母様がスケジュール/日能研のカリキュラムを把握
・ただし、内容面までは理解できず、指導は無理
==============

ということで、内容までは理解されていないまでも、学習の量やスケジュールについては、お母さまがしっかり手綱を握ってらっしゃったんですよね。これが大きいと思います。

家庭教師は、やはりメインのところは野球でいうところの「フォーム修正」なんですよね。正しい知識、解法を身に付ける。少し一緒にやってみて「そのあとのトレーニングの仕方」を確認するところ。

逆に言うと、家庭教師と一緒にいる時だけ勉強するのでは意味が無くて、「家庭教師と一緒に身に付けたフォームで素振りを繰り返す」ことが必要なんですよね。こちらが無いと、どうしても家庭教師が行くたびに元のフォームに戻ってしまっている・・・ということになります。それではあまり意味はありません。

そういう意味で、「ちゃんと素振りしているかな」っていうののトレーナーみたいな役割は親御様が担われるのがやはり効率は良いのかなと考えています。もちろん、中学生~高校生にもなれば、自分自身がそこを担うということになるでしょう。

成績の上がりにくい家庭の場合、どうしよう

確かに、「そこも合わせて家庭教師にお願いを・・・」をいうこともあります。

ただやはり「家庭教師がいない時しか勉強しない」という癖がついてしまと、ひいては「学習」というものに対して受け身な姿勢が定着してしまうので、その先の人生とかを考えても、あまりお勧めはしていません。
どう考えてもその子のためになると思えませんし、僕的にも効率の良いものではありませんし。

ぶっちゃけた話、学校の補習とかであれば、「僕と一緒の時間だけ勉強する」でもいけなくはないんですけどね。週3くらい行くのであれば。ただ、あまり好きではないですし、おすすめはしておらず、なるべくそのような状況からの脱却を目指しますね。

ですので、上記のような場合の私のやり方としては、親御様・生徒様自身・塾の自習室等を利用しつつ兎に角「私と一緒にやったことを再度やり直す場を設ける」ようにはしています。「あくまで、僕は学習内容や勉強のやり方を教えることはできても、勉強時間ずっと一緒にいるわけじゃないよ」ということを前提に体制を築きにいくというか。場合によっては、親御様に指示を出してマネジメントをお願いしうることもありますね。

とはいえ、最終的には

まあ、どこまでアウトソーシングするかはご家庭の考え方次第だと思うので、どちらもありだとは思います。
ただいずれにしても、もしご家庭が家庭教師を頼んだり、塾に行かせたりする場合は

「①そもそも学習内容として何をすべきか、どうやってすべきかを教わる」
「②教わったことを身に付けるためトレーニングする」

という2つのことをする必要があることを認識された上で、各々をどのようにアウトソーシングする(もしくはご家庭内で行う)かを考えるのが良いかと思います。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「点数を取る能力」のボトルネック

「点数を取る能力」を分解してみて思うこと

上記記事の続きで。

で、どこを鍛えましょうかって話ですが。
いや、勿論「結局は全部必要だね」なんですけどね。

ただ、個人的に言いたいのは「問題のインプットとアウトプット(①④)の訓練もしようぜ」です。

個人的には、塾の指導とかは「②③」の「思考力・知識」面が、とても重要視されてるとは感じてるんですよね。

ただ、特に小学生(中学受験)だと、実際は上記①④で躓いてる、というかボトルネックになっているケースが多いと感じています。特に初〜中レベルの子だと。

得点力 = 地力 (②③)× 地力通り点を取れる率(①④)

みたいに捉えると、後半の「地力通り点を取れる率」が10割近い子ってそうはいないんですよね。

ぶっちゃけた話、そこが10割近くて、「本当に地力で競争してる」っての自体が、かなりとハイレベルの話だと思っています。

勿論、①④を無視して、ミスするのは織り込み済みで、地力でゴリ押し、という方法も無いでは無いですが。
イメージとしては、野球で言うと「エラーと四球で失点しまくっても、それ以上に打てばよかろう」みたいな感じですかね。

ただ、個人的にはやはり勿体無いんじゃないかなーとは思ってます。
「地力を上げる」のと並行して、「地力通りの結果を出す」練習もしないとなーと。

まぁ結論を端的に言うと

「問題を読み飛ばさず、落ち着いて情報を拾う」ことを促すだけで、とりあえず成績はポンと上がる時が多いっすよ。

というところですね。

もちろん、それも習慣付けは必要ですけどね。
とはいえ、トレーニングするときに認識しておくことは、上達の近道ではあるんじゃないかな、と。そう思う次第です(=ω=)

「点数を取る能力」を分解してみて思うこと

あぶどぅるです。
Twitterで、

「勉強は暗記じゃねーよ。
国語は一定時間内に文章を理解して、質問に答えるトレーニングなんだよ。」

というものを見たので、ふと前々から考えてたことをまとめてみます。

上記、仰ってる通りだと思うんですよね。
というか国語以外も全体的に基礎教養って大抵そうだと思うんですよ。

結局汎化すると、科目に関わらず

①与えられた情報を適切にインプットし

②元々持っているべき知識を追加し

③①②の情報を加工し

④加工したものをアウトプットする

能力になるのかなーと。
①〜④の比率は、科目や範囲によって違いますけどね。

点数を取れない、問題が解けないってのの原因を考えるには、上記のようなフレームワークをイメージしてみるのも良いかな、と思う次第です(=ω=)

2018年現状報告~あぶどぅる、会社辞めるってよ~

 こんにちは、あぶどぅるです。年一回の投稿になりつつ、一応は廃棄せずにキープはしているこのブログ。ということで、思い出したかのように、近況報告という形で、1年半ぶりの投稿をしてみたいと思います。

会社辞めました

 とりあえず、大きな進歩。社畜やめました。まあ、色々と葛藤はあったのですが、結局のところはシンプルに「したいことして生きないと損かな」と思った次第です。

 仕事について「金を稼ぐ手段として嫌なことでも割り切ってやる」のではなく、「自分が楽しいと思うことを極めて仕事にしていきたい」と思い、そちらに時間と力を全振りすることにしました。

家庭教師を本業にすることにしました。

 で、何していくかという話ですが。コンサルでもエンジニアでもなく、自分が14年間続けてきた「家庭教師」という道で生きていこうと考えました。

 やっぱ、自分は人の相談に乗って、お手伝いするのが好きなんだなーと。で、その中でもコンサルとして経営の支援をするより、子どもの成長に携わっていくのが一番性に会っていると感じました。会社員やりながらも、14年間途切れず苦も無く続いたことがその証左でもあるんでしょうね。

 また同じ教育系の支援としても、講師や集団授業系とも違い、一人ひとり、1家庭1家庭の環境や性格、得意不得意を把握しながら、オーダーメイド型で支援プランを作るのが好きなんですよね。「自分が関わった人間は須く幸せになってほしい」という難儀で融通の利かない性格故、多数相手の指導などよりは、相手の顔が良く見える形でやっていきたいなと思いました。

 家庭教師といっても勉強を教えるだけでなく、上記のように、学習環境作りや習慣付け、進路相談など、子どもの成長に関わるお手伝いは何でもしていきたいとは考えています。総合的なアドバイザー的な。というより自分としては、それが「家庭教師」の本分なんじゃないかなーと思っています。

で、現状どーよ

 一応、各方面に営業したり紹介頂いたりして、現状のべ17人/週の生徒様に巡り合い、一緒に頑張っていくことと相成りました。ありがたいことですね。一応、収入面でも会社員の時の値を基準として、ある程度の目途は立ちました。

 とりあえず現時点では、時間的にそこそこパンパンなので、今年度(来年の2月くらいまで)は営業活動はストップですかね。今みているこの子達の学習支援に集中するのかな、と思っています。

 あ、来年度以降のご予約はいつでも受け付けてますよ。体験授業もいつでもやります(=ω=)

具体的に何を教えてるの?

 指導内容は、今は以下のような感じです。

 ・小学生⇒中学受験生を中心に、算数、国語、理科、社会の4科目。
      請われれば英語・プログラミング教育なども。
      算数・国語・理科は国内レベルの中学受験なら全対応します。社会は、日能研偏差値で60位までなら対応します。

 ・中学生~高校生⇒学校の補修・大学受験を中心に。数学、理科(物・化)、英語、国語(現国・古文・漢文)。
      数学・国語・理科(物・化)は国内レベルの受験なら対応します。英語は、偏差値で65位までなら。
      センター試験・二次試験問わず対応します(まあセンター試験は、もうすぐ改定ですが)

 ・その他⇒社会人向けに、就職、転職時のSPI指導など。あと、情報処理試験の勉強の手伝いとかもできます(応用情報までなら)

このブログの立ち位置的にはどうするよ?

 いままでとちょっと方向を変え。学習支援系の内容が中心になるかと思います。
 ただ「こんな問題解いてみた」と答案を乗せても仕方ない(みんなやってるし。そういう情報は溢れてる)と思うので、

 ・ちょっと抽象的な、勉強環境作りや指導の考え方、ノウハウについての情報発信
 ・具体的な学習内容においての、間違い「あるある」(アンチパターン)

などを書き綴っていければと考えています。

まあ、もし何か思いつけば追加していくかもですが。
いずれにしても、有益なコンテンツにしていきたいなーとは思っています。

どうぞ、ご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

 以上、簡単ではありますが、現状報告まで。
 最後までご覧いただき、ありがとうございました。